素晴らしい職人技はデザイナーと出会うことによってすばらしい力を発揮している。伝統技とデザインの可能性は、こういった状況が繰り返し行われ、本来の本当に必要なモノだけが淘汰されるモノだけが存在価値を許されることだと期待したい。大量消費は今後も絶対に終わらないし、今後は増々増える傾向にある。しかし、こういった素晴らしい状況をもっと生み出していって欲しいと切に願うばかりだ!

http://www.bcxsy.com/