5月7日より25日まで、ここニューヨークから現地の最新情報をお送りして参ります。

本日は現地11時到着。12時間10分のフライト+JFKエアポートからマンハッタンまで共同タクシーで混雑の中、あっちこっちを回り〜ので約2時間30分の道のり。ダウンタウンは混んでるから行けないと言って、Port of Authorityで強制終了! そこからタクシーでホテルまでたどり着くという快挙を成し遂げました!流石のNYCです。今回はTribecaとChina Townの狭間のホテルに無事15:30過ぎに到着しました。

今年は地下鉄110年記念と言う事で、7日間31ドルの乗り放題チケットもデザインを一新。OK、イケテマス。

IMG_5066.JPG

本日はMeatpacking districtの変化をチェックしに。Chelsea Market内のフードベンダーや近辺をチェック。すでに大観光地化されたこのマーケットもリッチでマイナーでメジャーな地元近隣の住人達の生活には無くてはならない生鮮食品のお店、Deli系のお店から観光客向けのおみあげショップまで様々あり、今日は木曜日の夕方にも関わらず、混雑し大人気スポットになっています。また、マーケット内の端の部分は地元アーティスト達の直売ショップもあったり(いわゆる手作りお土産品)超観光客向けに相変わらず、盛り上がっています。

High lineが出来き、さらに観光客が増し、ここチェルチーマーケットエリアがハイレーンの一番盛り上がっている部分でもあり、一般的な観光名所として大成功しています。近くには話題のBLUE BOTTLE COFFEEも健在です。

IMG_5119.JPGIMG_5068.JPG

同場所でCHANEL No.5の期間限定イベント”No. 5 in a New Light”をやっていました。No.5の世界観をあらためて見直し、その良さをアピールしていました。“No. 5 in a New Light”; open 12 PM to 8PM from May 7 through May 17; 461 W. 14th Street.

五感に訴えるインスタレーションがデジタル系のインスタレーションで展開。小規模でしたが、温故知新な市場開拓を忘れないブランドのアプローチです。

最後には自分でスタンプを押してカスタマイズ出来る手紙をワークショップしていて、自分のデザインした香水ボトルのポストカードを自分の思う相手に送れると言うサービスもありました。おまけにNo.5のタイニーボトルも無料で配布していました!

IMG_5088.JPG

その後はGansvoort Marketへ。去年の10月半ばにオープンした注目の場所です。いくつものスモールベンダーの集積で、約8000平米の敷地内に19のイケてるベンダーがごっそり入っています。なんでも美味しそうでしたよ!