本日はマザーズデイの日曜日。ウィークエンドは天候も快晴で、外回りには絶好の天気になりました。お目当てのFlea Market回りが本日のお題目。積極的に周ります。まずは、Mid Townで開催されるツーリスト向けのHel’s Kitchen Flea Market。一応ここもチェックしますが、観光者向けのために全てが高額です。本来の面白さである、珍しく変わった物で、インスピレーションのあるものが、財布に優しい値段で購入出来るのがフリーマーケットの醍醐味。ここには、そんないい感じは、まったく皆無、ありません。アフリカンのお兄さんがやっていたお店の椅子が気になりましたが、価格は一番安いものでも500ドル。結構中途半端な30〜40年前のコンゴのある部族のモノとの事でした。

次に向かったのは、BrooklynのQueensで開催されているLIC Flea Market。ここはヴィンテージものもありますが、ベンダーの半分以上は飲食ものです。屋台のフードをチェックします。賞を何回も受賞しているアフロアメリカンの2人組のスイートメルティングケーキ、ドイツ系の女性がオーナーのビーガンカナッペ、自作のオーガニックレモネード、チャイニーズの餅焼き+クレープ+ベトナミーズサンドの中身みたいなラップもの、ロブスター唐揚げ、豚肉のハーブ丸焼きジューシーサンドイッチ、日本の肝っ玉ガールのお好み焼き(ソースはオタフクソースからハーブヨーグルト、ハニーワサビなどNY風多数)、タイのストリートフード・カオマンガイのNYC風、タイの屋台での定番シーフード串焼き、イタリアン風のトリッパ煮込みのサンドウイッチ、抹茶アイスクリームの揚げ餅、フレッシュアボガトのグワカモレディップとメキシカントルティーアチップ、マレーシアンフュージョンのフィンガー揚げ物スナック等など、挙げても切りがないのですが、まあ様々なフュージョン屋台フードが展開されています。このNYCだから可能なインターナショナルミックスに感謝です! どのベンダーもスーパー笑顔の接客で、どれを食べても、その笑顔が美味しくて伝染しちゃってました。

次はWilliamsburgで日曜に開催する定番のBrooklyn Fleaへ。昨日のFortGreenで開催されたベンダーさんが、場所をここに変えて展開しているのが7割位で、その他はここだけに出ている人々です。フードもまあまあ充実。いま自分はココナッツブームなんで、ここではリアルなココナッツのフレッシュジュース(6ドル)を頂きました。Hollander&LexerのBrianがBalltimorでゲットしたVintage家具を出していて、1年振りにやあやあと挨拶。実はお店をクローズし、いまは倉庫+ネット商売に変更して、たまにここで商売しているとのこと事。家賃の高騰が一番厳しいのと、販売は軌道に乗らなかったんだそうです。来週中に一度、倉庫におジャマさせてもらいます。

その後はWilliamsburgのVintage家具屋、リサイクルショップをチェック。Strawser and SmithJUNKFuture PerfectのDaveがオーナーのA&G Marchなど。その後はUrnbanoutfitterの新業態のSpace Ninty 8Fresh Kills (休みでした。。。)、Beamsとのコラボが盛んなPilgrim Surf、名前がBeautiful Dreamerから変更したライフスタイルショップのOROBOROなど。途中の飲食、グラフィティーなど撮影しています。この近辺のインテリア系のライフスタイルショップの殆どは、無くなってしまい、少し意気消沈気味です。でもこれもこの場所が更に経済的に活性化し、抜け感の有る村的な街から、高級コンドミニアムがそびえ立つ都会的な街への変遷と捉えれば、それはそれで経済が回るので、活性化している証と言う事でもあります。川沿いにはまだまだコンドミニアムが建築予定。さらに都会化してゆくWilliamsburgです。今回のお目当てはFREEHOLDのプレオープニングです。ここWilliamsburg Bridgeの近辺はMarlow&Sons等以外にはあまりお店が無かったのですが、ここFREEHOLDが大きくオープンする事で、またいい感じのエリアが拡大しそうです。去年の2月にプレオープンし、1年半かけて、レストランとオープンガーデンを兼ねた中々の大箱です。Coffeeの取り扱いはStumptown、飲食&Barは腕利きのシェフを雇ったようで、期待の場所です。オーナーのBrad Gallagher氏は30代後半で、これを機に、色々近辺での開発を検討しているようで、眼が離せない動きをしそうです。

その後はウイリアムズバーグの橋の夕方を、飲食店チェック。サンセットタイムを思いっきり楽しむ人々がキラキラ光って、美しい夕方を撮影しました。オーサムなサンセットに、電車に乗ってからも撮影。写真撮り過ぎてしまいました! 本日はここで終了です。